BLOG
about daily life , just about photograph. 日常のこと。つまり写真のこと。


2015.12.05

release

自分がこうなったら、こうしようとか。

これが出来るようになってから、してみようとか。

勿論、今の足下を確認しつつ、自身と照らし合わせることは必要だけれど。

でも一番大切なことは、そもそも自分はどうしたいのか。

どう成りたくて、どう在りたいのか。

そこなのだと思う。


何事もそうだと思うけれど

上手くいくと思えば上手くいく。

でも上手くいかないんじゃないか、

失敗するんじゃないかと思えば、その通りになる。

だから未だ見ぬ不安を一人で抱え込み過ぎないこと。

何か難しいことをするわけじゃない。

得体の知れぬ不安をただ手放せばいい。

それだけなのだ。


例えば写真は正にそうで。

目の前には不安な未来も、失敗した過去も無くて、

ただ「今」という瞬間しかない。

そもそも見てないところにピントは合わない。

だから、その「今」を見つめてシャッターを押す、というだけ。

至極単純に、それだけのことなのだ。


言うは易し、行うは難し。

こうして言葉にするのはとても簡単。

いきなり手放せなんて言われても、そう意識すればする程、

人は自ら頑になり、それを難しくするもので。

けれども些細な氣の持ち様がけっこう肝要。

だから、

今のままでいいから、

先ずは不安を口から吐かないよう意識するだけ、それだけでいい。


それでも、わかっていても、どうしても、不安が溢れて仕方が無い時は、

安心出来る言葉を耳に入れること。

自分で無理なら誰かの口からでいい。

そんな時は我慢しないで、思いっ切り、溢れるままに吐き出しだして

そして、吐き出したその不安の分だけ

ただ黙って耳を側に寄せ、そこから入れればいい。

急ぐことも焦ることも無い。

一度で足りなければ何度でも、足りるまで繰り返せばいい。

ただ、それだけで、違ってくる。

本当に。
【memorandumの最新記事】
posted by GO at 00:00 | memorandum