BLOG
about daily life , just about photograph. 日常のこと。つまり写真のこと。


2013.02.18

flowing

one_silent_day_a_house.jpg

吉祥寺シアターの杮落とし公演だった

ミクニヤナイハラプロジェクト「3年2組」を観たのが2005年

もう8年も前だったことを

今日のパンフレットを観て気づいた

そう

8年前

その時は最前列で観客として観ながら

今度

ここで

ミクニヤナイハラプロジェクトの公演がある時は

撮りたいなぁと思ったことを

パンフレットの矢内原美邦さんの挨拶文を

同じ客席で読みながら

ふと思い出した

one_silent_day_papers.jpg

「静かな一日」と題された今回の作品は

タイトルとは裏腹に

眠りから覚めたのか覚める前なのかもわからぬまま

最後まで一気に疾走して行く

光とも闇ともつかぬ空間と時間の中

喪失感と孤独感と過去と未来が

膨大な量の言葉とともに溢れ出し津波のように押し寄せ流れ続ける


「写真はフレームに入れてこそ写真なんだ」

なんて

多分誰も気に留めない言葉だろうけれど

何だかぐっときてしまった


今でこそ

簡単に写真は撮れて

常に携帯の画面でその思い出は確認は出来るし

古くなった思い出は

新しい思い出を記録する為に

時々削除されてしまう

そんな今

プリントした写真を額に入れて飾る程

想いを持った人がどれほどいるのだろう

それほど誰かを想える人はどのくらいいるだろう

そういうのって重いとか思ったりしてしまうのかな

でも生きているいま想わずしていつ想うのかな

それとも失ってから

ああすれば良かったかな

こうすれば良かったかな

そんな風にわかりきった後悔をするのかな

そんなことを考えたりした


撮るということ

残すということ

記憶も記録も記号も別ものだと思っている僕にとって

写真というものは特別なもので

簡単に語ることは出来ないし

言葉で語れないからこそシャッターを押す訳で

でも

そんな僕もいつかはいなくなるし

シャッターの向こう側もいつかはなくなり

この世界だってどうなるかなんてわからない


想いは巡り時は流れる

何が起ころうとも

時はその背後で静かに流れ続ける

僕に出来ることは

その流れの中に身を置いて

一瞬を捉えること

それはいつ流れるかわからない流れ星を捕まえるようなことかも知れないけれど

今はまだ何かわからない大切な何かを逃さぬよう在りたい

そう強くなりたい

そんなことを考えた

one_silent_day_looking_up.jpg

ミクニヤナイハラプロジェクト web (Nibroll HP内)
posted by GO at 00:00 | Photograph

2013.02.17

dessin

既に恵比寿映像祭・地域連携プログラムに参加している

「Books, Phantoms」の告知で運用は始まっているのだけれど

改めて。


以前一緒に仕事をしていた知人の協力を得て

心機一転web siteを新しくした。

go-photograph.com


変えたら変えたで

「以前のサイトに掲載していたあの写真は良かった」

等という声が届いてみたりするのだが

まぁそれはともかく

今のサイトのデザインは

自分に一番近い感じがしていてとても気に入っている。

photograph等はまだ全然試験的なものしか掲載出来ていないけれど

もうしばらくお待ちください。




それに伴い

以前運営していたblogを休止し

新しいblogを作った。

休止したblogは

"notes"(ノート)というタイトルだった

自分が感じたことや思ったこと

時には告知だったり

日記的なものがあったり

日常使いのノートのように

そしていつか自身がそのノートを見返すような

そんなものなるように

その時blogを開設するにあたり

何となく一番自分にしっくりくる言葉だと思った。

今回新しく作るにあたって

同じ"notes"というタイトルを引き継ごうかとも悩んだが

それはカテゴリーの一つに残すに留め

このページ全体のタイトルは

今の自分自身に一番しっくりくる言葉に変えることにした。

変えると決めた後

以前のblogは撤去してしまおうかと

久し振りに読んでみたのだけれど

初期衝動というか

今の自分の写真へと連なるものが溢れている気がしてしまい

2005年から綴ったそのノートをどうも捨てることが出来ず

取り敢えず今はそのままにしておこうと思った。


新しいタイトルは"dessin"(デッサン)。

ある意味においては写真の対極にある言葉。

写真の対極にあるものであるけれど

でも僕は全てのものつくりは

写真も含めて全てデッサン力だと思っている。

つまりは基礎であり下絵であり作品でもある。


と書くと何か大それたことを書かねばいけないのかなという気にもなるが

まぁ日々思うこと

告知やらなんやら

こういうのを撮りましたよとか

そういう何気ない日常が

僕自身の写真へのデッサンへと繋がり

時としてそれ自身が作品ともなるデッサン

そんな想いで

時々思うままにつらつらと残していこうかと思っています。
posted by GO at 00:00 | News

2013.02.12

BOOKS, PHANTOMS

第5回恵比寿映像祭・地域連携プログラムとして

NADiff a/p/a/r/tにて開催中の

大橋可也&ダンサーズのインスタレーション

「BOOKS, PHANTOMS」

select_700_8685_resize.jpg

9、10日に開催された4回のパフォーマンスも

各回共20〜30名程ご来場頂き盛況の内に無事終了。

また写真集もお陰様でこの土日、

予想以上の方々にご購入頂きました。

ありがとうございます。


パフォーマンスイベントは終わりましたが、

展示は引き続き恵比寿映像祭の最終日、24日迄開催します。

(月曜定休日※12日は11日(月)が祝日営業だった為、その代休でお休みになります。)

写真集もNADiff a/p/a/r/t、NADiff X10(東京都写真美術館内)の店頭にて販売。

是非、実際にお手にとってご覧下さい。


また額装した写真の展示販売も行っております。

4点展示中ですが、写真集掲載の写真であればご注文も承ります。

まずは是非NADiff a/p/a/r/tにご来店の上、ご覧頂ければと思います。

http://www.nadiff.com/fair_event/window29_ohashikakuya.html
posted by GO at 00:00 | Exhibition